簡単ホットパックはレンジでチン!

3月 10th, 2012

ホットパックイラスト @ 風ある林整骨院


最近、低体温が様々な病状を引き起こしていると話題です。

一般的な基礎体温は36、6℃位とされていますが
皆さんの平熱は何度でしょうか?

何故? 低体温は宜しくないのか、気になって調べてみました。

仮に体温が1℃下がると、基礎代謝が12%低下するらしいのです。

12%と言われてもあまりピントこないと思いますが

基礎代謝が落ちると、脂肪なども燃焼しづらくなるので
食べ過ぎたりしなくても体重が増えてきます。

ダイエットをするにしても、偏った食事では逆効果という事です。

体温を上げるには、ミネラルやビタミンが必要ですから
健康的な食事を心掛けたいものですね。


また、ビタミンやミネラルをサプリメントから補おうと、色々と入った
“ マルチビタミン ” を摂取されている方も見受けられますが

ビタミン毎に最適な摂取量は異なりますので、まんべんなくと思っても
あるビタミンだけを余剰に摂取している場合もあり、それはそれで
健康に良くありません。


次に、食物を消化する体内の 「 酵素 」 も体温が下がると働きは低下します。
酵素にも適温があり、今、塩麹が大流行しているそうですが

発酵に適した温度があるのと一緒ですね。

消化酵素の働きが低下すれば、食事をしてもエネルギーは ” 生産 ”
されづらくなり、活力も不足してしまいますね。

すると全体的に免疫力が低下しはじめ、風などにも感染しやすく
又、治りずらくなるようです。

花粉症などのアレルギーにも、低体温が関連しているのではないでしょうか?


この間、気圧の変化を利用して体温を上げるという
調圧ルームという所に行ってきました。


調庄健康ルーム 大宮店 調庄健康ルーム 大宮店

「 進盟ルーム re-karada 」

怪我や病気なのかと思われる方々が大勢訪れていました。
そこで、改めて体温と健康について考える機会を得た。

その事について一緒に伺った先生が ブログで書かれています ので宜しかったら。

当院で大がかりな装置を導入するのは無理ですが、深部から体温を上げる事に
意味があるように思います。


お薬を飲んでも、代謝酵素の働きが低下していれば 「 薬の副作用 」 も
生じやすくなるでしょうし

お薬は最終的には 「 肝臓で処理 」 されますから、ビタミンと同じように
取りすぎれば 「 解毒 」 するのに余計なエネルギーや時間もかかり、結果

かえって低体温を引き起こす要因になっているという話もあります。

沢山お薬を処方されているとい方には、具合が悪いからという理由もあると
思いますが、極端な冷え症だったり、体がほてると暑がるのに実は
身体が冷えていたりして、これって自律神経の乱れではないでしょうか ・・・

なにより心配なのが、ガンを患う方のほとんどが低体温なんだそうです。


35、5℃以下は要注意!


そこで当院でオススメしているのが、自宅で簡単に自律神経の働きを
活発にさせるホットパックの使い方。

自律神経の乱れは血行不良につながり、過度のストレスも
低体温の原因としてあげられます。


腰痛や肩こりなど、筋肉の凝りや痛みにも自律神経が関係していますので
気軽に出来る方法として患者さんにお勧めしています。

砂と北海道産のラベンダーが入ったホットパック。
レンジでチンするだけで、かなり長い時間温かいままです。

冷やせば、クールパックとしても利用できるスグレモノ。


風ある林整骨院クール&ホットパック


写真は当院で販売しているホットパックですが、ご自宅で行うに際は
使い捨てカイロでも構いません。


Q 冷え性で疲れやすい。 むくみや食べるとお腹が張る。 便秘気味 ・・・

A 「 体質改善には下腹部と腰が充分に温まるまで。 」


Q 花粉症などのアレルギーや、風の引き始め、咳き込む時には

A 「 首と背中の付け根と、背中の肩甲骨の間に熱く感じるように短時間! 」


陽気が暖かくなってくる季節の変わり目にこそ、自律神経を調整しましょう。

くれぐれもカイロなどで低温火傷にはご注意ください。

Comments

One Response to “簡単ホットパックはレンジでチン!”

  1. Comment by 頭寒足熱に、腸を温め病気予防 | 風ある林整骨院

    […] 簡単ホットパックはレンジでチン! […]

お気軽にコメントして下さい

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。