ランナー必見! 良くある脚の痛みと解消法

11月 25th, 2013

マラソンランナーに多いシンスプリント


シンスプリントに有効な 「 簡単なエクササイズ 」 が
ドクター秘伝の動画としてGIZMODE さんに、掲載されていました。 





この運動、「 シンスプリント 」 には勿論のこと。 ランナーばかりでなく
中高生のクラブ活動 ~ 運動不足であしのつりやすい方、むくみなど

脚のトラブル、痛みでお悩みでしたら、試されてみてはいかがでしょうか!


→ シンスプリントの症状はこちら。


以前、【 足のつり、こむらがえり ( 腓腹筋痙攣 ) 】 で
当院で行っている PNF という手技療法をご紹介した事がありますが



動画のエクササイズは、筋肉の 「 拮抗作用 」 を活用した方法で
痛みを抱える筋肉を無理せず緩め、足首 ~ 膝 ~ 腰まで

バランス良く整えるのに適した方法だと思います。

筋肉の 「 拮抗作用 」 というのは、筋肉が収縮する際に
“ 反対の動き ” を伴う筋肉のことで、これを 「 拮抗筋 」 と言います。


ちょっと専門的な用語となってしまいましたが、ゴルファーや野球選手などが
利き腕と反対のフォームで、わざわざクラブやバットを素振りしたり …

ご存知の方もいっらしゃるかもしれませんね。


何故? 一流のスポーツ選手達がこのような練習を
取り入れているのでしょう?


これは、からだのバランスを整えるのはもちろんなのですが
「 筋肉は ” 収縮 ” しかできない 」 性質と関係しています。

ちょっと、雑巾絞りをイメージしてみて下さい。


ぎゅーっと絞ると、それ以上絞れなくなりますね。
筋肉も一緒なんです。


タオル絞りで筋肉に例えてみると


雑巾を絞っていない状態から、最大に絞ったところまでが
筋肉の場合は 「 収縮力 」 = 力 となります。


雑巾を絞っていない状態 = 「 弛緩している状態 」 
そこから絞っていって = 「 緊張状態 」 の落差が大きいほど

パフォーマンスは最大に発揮されます。

※ 筋肉が縮むためには、ゆるんだ状態が必要というのがポイント!


今回、取り上げた 「 シンスプリント 」 の症状は
着地と蹴り出す際に、響くような痛みがおこるのが一般的でして

車のアクセルを踏み込むように動かす筋肉群
( 画像左から、後脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋・ヒラメ筋 ) などが

関与するとされています。 

後脛骨筋 ( 筋肉ガイド ) さんより 長母趾屈筋 ( 筋肉ガイド ) さんより 長趾屈筋 ( 筋肉ガイド ) さんより ヒラメ筋 ( 筋肉ガイド ) さんより

これらの筋肉は 「 脛の骨 」 の後ろ、内側から付着して始まって
足裏へ向かっていますから、ランニングで着地の際に衝撃から

筋肉が牽引されて起こる遅発性筋痛となったり

繰り返し加えられるオーバーワークや、急に飛んだり跳ねたり
止まったりする、バスケット・バレーボール

野球やボクシングの練習などでストレスを受けやすい。


難しい用語はなるべく避けて、端的に説明しようと思いますが

筋肉を使いすぎて、ふだんより収縮した状態の筋肉は
「 縮みたくても、縮む ” ユトリ ” がないのです。 」 ですから

更に無理して収縮させようとすると、骨にくっついた筋肉が
無理やり骨を引っ張って、付着部の骨膜などに炎症が起きたりするのだと思います。


どちらにしても、筋肉の過緊張からおこる症状です。


そこで大事になってくるのが、上手に 「 弛緩のスイッチ 」 を入れてあげる事。


さきほど、「 筋肉は収縮しかできない性質 」 と書きましたが

筋肉が収縮する際、その筋肉と反対の動きをつかさどる 「 拮抗筋 」 は緩むので
シーソーのようにお互いの筋肉同士が収縮できます。

ですから、拮抗する筋肉を上手に収縮させると、痛めた筋肉も緩みます。

一流のスポーツ選手達が、利き腕や利き脚と反対のフォームで練習を行うのには
こんな理由もあったのですね。


筋肉の拮抗作用


施術の際は、より専門的な考え方、テクニックなどございますが
簡単にしたエクササイズがこの動画という訳ですね。


試されてみて、痛みなく出来るようでしたらオススメです。

けっして無理はしないで下さいね。 

とくに長期のランニングから痛めたような場合、地面からの突き上げ ( 衝撃 ) も
あって、お膝まで柔軟性が円滑でないケースや、太腿 ~ 腰まで

硬くなってしまっている患者さまの例が多々見受けられますので
気になることがありましたら、一度ご相談下さい。


Comments

お気軽にコメントして下さい

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。