患者さんはツバメの親子?

6月 25th, 2011


今週、幸手近郊で急な嵐。
夕方から真っ黒な雲と雷、その後に雹となって吹きつけた雨風。
30分ぐらいの出来事だっただろうか

天気によっても客足は遠のくというが、治療院も同じ。
開業した当初は良く気になったものです。

翌朝、いつものように起きると軒下のツバメの巣が足元に


患者さんはツバメの親子?

こわごわと巣を退かすと、息も絶え絶えの雛が二羽。
親ツバメは元の巣の周りを飛び回り、雛を一生懸命探しているようでした。

落ちたツバメの巣

そこで、急こさえの巣箱を軒下に取り付け、雛を戻すことに。
親ツバメは、僕を急かすように飛び回っている。


本日の最初の施術が、巣箱の修繕。
 

僕を警戒していた親ツバメだが、雛の様子をみたのか静かになった。

患者さんはツバメの親子?

そういえば親御さんに連れられてきた子供を治療すると
こんな雰囲気だったりする …

開院準備をしつつ、ふと思った。

しばらくして元気にえさをやってる姿を見て、安心しました。

嵐は過ぎ去り、気分も晴れやかです。


⇒  料金と施術 / メールでのご相談はこちら



または下記のフォームをご利用下さい。

氏名 ( 必須 )

ふりがな ( 必須 )

郵便番号

都道府県 ( 必須 )

市町村 (例:幸手市○-○-○)

TEL

メールアドレス

ご職業

お問い合わせ内容

Comments

お気軽にコメントして下さい

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。