縁は異なもの味なもの 「 工房がわん 」

8月 12th, 2013



皆さん、お盆休みはいかがお過ごしでしょうか。
暑中お見舞い申し上げます。


先日、益子焼の産地としても知られる栃木県の
「 工房 」 を訪ねてきました。


工房 がわん


器だけでなく、生活に根ざした自由な作品が魅力の
ご夫婦で活動されている作家さん。

[ 工房 GAWAN さんが紹介されているHP ]


工房 がわん  工房 がわん



縁は異なもの味なものと言いますが、整骨院を幸手に開業してまもない頃
妻とデートに益子へ出かけ、陶芸市で 「 工房がわん 」 さんと

作品に出逢った。


当院の陶器製の看板、トイレのゴミ箱は 「 がわん 」 さんに
作って頂いたものです。


どうでしょう! いい味醸し出していると思うのですが …


風ある林整骨院 看板インテリア アトリエがわん作 風ある林整骨院 トイレのインテリア アトリエがわん作


そんな縁もあって、お訪ねしてきたのですが
こうして、がわんさんの作品を依頼できるようになるまで

治療院を頑張ってこれたのは妻のおかげ。

そして、皆さんに支えられてです。


また、異なものとは、男女の縁だけではないようでして

なんと、がわんさんの旦那様と私

西暦、生年月日も同じだったのです!



「 縁 」 とは、人の力を超えたところで、人と人を結びつける力。


そういう意味もあるみたいですから、陶器をみて 「 ピンときたり 」

何かを感じたりするのって不思議だな~と。


これこそ理屈では説明できない縁があるという事なのでしょうか。


皆様も、どこぞの治療院の先生とは 「 波長が合う、合わない 」
そのような経験をされる事もあると思いますが

患者さまとの出会いは一期一会。


そんな風に思いを馳せておりましたら、なんだか自分が
陶器になったような気持ちになってきました …


治療内容で頑張る事はもちろんですけど、皆様から愛でて味わって頂けるような
整骨院となれるよう、これからも精進したい所存です。


来院して下さっている患者様。  そして 「 がわんさんの陶器 」 
よりいっそう大切に扱おうと思った初夏でした。



■ 展示会が8月31日まで開かれるとの事 ・・・・ お盆休みによろしかったら!


工房がわん 作陶展

工房がわん 作陶展 8/1 thu-31sat


Comments

お気軽にコメントして下さい

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。