無事に事故扱いになった症例

11月 3rd, 2010



【 会社員 】 50代 女性

右頚と右腰に痛みと熱感を訴え来院。

原因をお尋ねすると、自信なさそうに
昨夜タクシーに乗ったが、はみ出してきた対向車を避けようと
運転手さんがハンドルをきった瞬間タイヤが縁石に乗り上げ
車内で大きく体が弾んで …

交通事故の保険治療
 
幸い大きな事故にならず、運転手さんから大丈夫ですかと
声を掛けられたが、その時は何事も無く乗っていた車も無事だったので
そのまま自宅へ。

しかし翌朝から今の痛みが出てきた。

本当に良くあるパターンです。


ムチウチは後から痛みが出てきますし、緊張や興奮状態では
その時にわからないのは尚更の事。

運転手さんの名前は控えていませんでしたが
幸いにもタクシー会社が判るとのこと。 
こちらから連絡を差し上げ、事情を説明し無事に事故扱いとなった例です。

ご存知ないかもしれませんが、交通事故による治療費は
自己負担金がかかりません。

もちろん事故に遭わないのが一番ですが、対処の仕方がわからず
後から泣き寝入りされた方を何人も診ています。

交通事故に関しては こちら を参考にして頂けたらと思います。


ご相談は  0480-48-2322  「 風ある林整骨院 」


または下記のフォームをご利用下さい。

氏名 ( 必須 )

ふりがな ( 必須 )

郵便番号

都道府県 ( 必須 )

市町村 (例:幸手市○-○-○)

TEL

メールアドレス

ご職業

お問い合わせ内容

Comments

お気軽にコメントして下さい

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。