変形性膝関節症を伴う痛み

1月 25th, 2011



【 主婦 】 75才 

去年の秋、左ひざの内側に痛みを訴え来院。
痛みと腫れにより、歩行が困難な状態でした。

2週間ほど前、自宅のベランダで洗濯物を干そうとした時
ひざの内側に ” ギクッと ” 痛みがはしった。

それでも、翌日予定していた旅行へ痛みがひかないまま
行ったそうです。

変形性膝関節症の痛み

かねてから楽しみに計画していた秋田、大曲の花火大会だそうで
現地では花火会場が大変混雑し、旅館から会場まで
徒歩で1時間かかったとのこと。

これが追い討ちをかけたようです。

受傷以前は体操教室にも通って、色々な集まりの役もこなしながら
活動的に動き回ることが出来ていたそうですが、ここ最近は
すべり症による腰痛と、とにかく膝が重く痛いこともあって
整形外科に定期的に通っていたそうです。

旅行から帰ってきて、何より一番気になったのが
普段は足が暖かく、裸足で居ることが殆どだったのに
左足だけが冷えるようになってしまったとのこと。

これは痛みによる疎血の状態だと思われます。
( 血のめぐりが悪い状態 )


当院への通院期間は1ヶ月と3週間でした。
週2回、痛みの強い時は3回のペースで施術。

当初難儀したのが関節裂隙の痛みと、腫れがなかなか治まらないことでした。
膝関節はただ立っている・歩くだけも負荷がかかる部位なので
旅行中に無理をした分、組織の損傷が大きくなった為と思われます。


回復には年齢も関係してくると思いますが
これが治まるのに約1ヶ月近くかかってしまいました。

その後、痛みをかばうためにバランスの狂った、又は連動していない筋肉や
神経・関節を整合する施術に切り替えていきました。


風ある林整骨院 PNF療法
当院で行う施術は、筋肉に対して
無理なく負荷を与え
筋 – 神経の働きを呼び覚ますように
痛みを除痛・関節機能の改善を
図っていきます。

写真は他院で勉強会のひとこま。
( ※ 患者様ではありません )


施術後の改善点は …

☆ 散歩が出来、買い物に行ける
☆ エスカレーターからスムーズに降りられる
☆ 自転車が乗れて早くこげる
☆ 階段が交互に登れる
☆ 足の冷えの改善 


日常生活に不自由を感じなくなったところで
自宅でのセルフケアに切り替え、施術を終了。

つい先日、その方から手紙が届きました。


「 おかげさまで膝の方も大部回復し、今では正座も楽にできるようになりました。
体操教室にも出席いたし、少しずつ遅れを取り戻しております 」 とのこと。

賀春のあいさつと、私にはひとあし早い春の暖かさを感じられる便りでした。


ご相談は  0480-48-2322  「 風ある林整骨院 」


または下記のフォームをご利用下さい。

氏名 ( 必須 )

ふりがな ( 必須 )

郵便番号

都道府県 ( 必須 )

市町村 (例:幸手市○-○-○)

TEL

メールアドレス

ご職業

お問い合わせ内容

Comments

お気軽にコメントして下さい

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。